BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

リフォームローンの種類と選び方について

2020/10/01
リフォームの規模によっては、数十万~数百万円ほどリフォーム費用がかかることもありますよね。
そのような場合は、リフォームローンを組む方がほとんどだと思います。
しかし、リフォームローンにはいくつか種類があるのでどれを選べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームローンの種類と選び方について解説していきます。

▼リフォームローンの種類
リフォームローンは、担保型と無担保型の2種類があります。
担保型の特徴は、低金利ということです。担保型と無担保型の金利を比べると、年に約2.3%もの差が出ます。また担保型は借入可能な金額が多く、返済期限が長いという魅力があります。
一方無担保型の特徴は、審査期間が短く手続きが簡単ということです。保証人が不要という場合がほとんどで、最短即日に審査結果が出ます。

▼リフォームローンの選び方
リフォームローンは、リフォーム費用やその他にかかる費用、金利などのバランスを見て選ぶとよいでしょう。
たとえば担保型は手続きの際に約20万円かかるので、リフォーム費用が100万円未満の場合に担保型を選ぶと損をする可能性があります。この場合は無担保型を選ぶのがおすすめと言えます。
このように、どちらのリフォームローンが良いかというのはリフォームの内容によって異なるので、リフォーム会社に相談しましょう。

▼まとめ
リフォームをする際はリフォームローンを組む方が多いと思いますが、リフォーム会社と相談しながら慎重に決めましょう。
リフォームローンについてお悩みの方は、気軽にご相談ください。