BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

キッチンリフォームで使われる素材やオプション機能について

2020/10/17
キッチンリフォームでシステムキッチン本体を替える際、リフォーム費用が高いと驚く方もいるのではないでしょうか。
実は、キッチンリフォームの費用の中で大部分を占めるのはシステムキッチン本体なのです。そのため、使う素材や追加するオプション機能次第でリフォーム費用を抑えることができます。
そこで今回は、キッチンリフォームで使われる素材やオプション機能について解説していきます。

▼扉材
システムキッチンの扉材には、ステンレスや天然木、メラミン化粧板、オレフィン化粧板、塗装などの種類があります。
この中で最も低価格なのがオレフィン化粧板、最も高価格なのが天然木です。また、機能とコスパを兼ね備えたのがメラミン化粧板です。

▼ワークトップの素材
ワークトップは作業台として使われる天板部分のことです。
天然石や人工大理石、タイル、樹脂板などの種類がありますが、最も低価格なのが樹脂板、最も高価格なのが天然石になります。

▼シンクの素材
シンクの素材にはカラーステンレスや人工大理石、ステンレスなどがありますが、ステンレスが比較的安い傾向にあります。

▼ビルトイン機器
ビルトイン機能とは、IHまたはガスコンロ、食器洗い乾燥機、オーブンなどのことを言います。
IHを導入したりその他オプションを追加することで、リフォーム費用はグンと上がります。
費用を抑えたい方は必要最低限のオプションを選びましょう。

▼まとめ
キッチンのリフォーム費用は使う素材や追加するオプションによって大きく変わってきます。
できるだけ費用を抑えてキッチンリフォームをしたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。