BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

リフォームとリノベーションの違いって?

2020/11/28
リフォームとリノベーションという言葉を聞いたがある方は多いでしょう。
しかし、両者の違いを知っている方は少ないのではないでしょうか。
今回は、リフォームとリノベーションの違いについて解説致します。

▼リフォームって?

リフォームとは、古くなった建物を新築に近い状態に戻すことを言います。
劣化してしまったキッチンやお風呂を取り替えたり、外壁を塗り替えたり、クロスを張り替えたりなどして新しい状態にします。

▼リノベーションって?

リノベーションとは、建物を全て新しくし、従来の建物よりもさらに性能を高め、新たな付加価値を加えることを言います。
例えば、建物の間取りを変えたり、バリアフリー化などがリノベーションです。

▼リフォームとリノベーションの違い

■工事の違い

両者は工事の規模が違います。
リフォームは、キッチンやお風呂の交換、壁紙や床の交換ですが、リノベーションは間取りの変更やパイプスペースの移動がある大規模な工事です。

■性能の違い

リフォームは、建物を新築に近い状態に戻します。
つまりマイナスの状態をゼロの状態にするのです。
対してリノベーションは、ゼロの状態に戻しつつ、さらに性能を加えてプラスの状態にします。

▼リフォームとリノベーションどっちにするべき

住まいを新しくしたいけど、どちらにすればいいか迷う方も多いでしょう。
一般的には、キッチンやお風呂を今よりも使いやすくしたい、床を張り替えたいなどの場合はリフォームです。

一方、二世帯住宅にするため部屋の数を変えたり、間取りを変更したい場合はリノベーションがおすすめです。

▼リフォームは当社にご相談を

当社では、リフォームを承っているので、リフォームをお考えの方はぜひご相談ください。
長年の経験ときめ細やかなアドバイスでお客様の理想を叶えます。