BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

大規模修繕のリフォームとリノベーションはどう違う?

2021/04/01
家が老朽化してしまい、大規模修繕が必要になる事があります。

その際に、リフォームをするかリノベーションをするか迫られますが、違いが分かりにくいですよね。

今回は、大規模修繕のリフォームとリノベーションについてお伝えします。

▼大規模修繕とは

リフォームやリノベーションのような工事が必要な家の改修を大規模修繕といいます。

ちょっとした修繕ではなく、業者に入ってもらって文字通り大規模な修繕を行う事を指します。

▼大規模修繕のリフォームとリノベーションはどう違う?

■リフォーム

リフォームは、大規模修繕の結果、原状回復する事を目的としています。もともとの状態の悪い部分を修繕し、美しく整えます。

■リノベーション

リノベーションは、新たに機能を追加したり、積極的に形が変わってでも現在に最適化するような工事の事をいいます。

間仕切りを撤去したり窓を追加したり給湯器を最新の物に変更する等、元の状態に戻す事が目的ではなく、大きな変化も受け入れるような工事です。

▼まとめ

今回は、大規模修繕のリフォームとリノベーションについてお伝えしました。リフォームは、修繕を行って元の状態に戻す事を目的とするもの、リノベーションは元の状態とは違う状態に良くする事をいいます。

大規模修繕のリフォームの事なら株式会社 まるみハウスにおまかせ下さい。美しく修繕を行い、クォリティの高いリフォームをご提供させていただきます。