BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

フローリングの種類にはどのような物がある?無垢と合板とは

2021/07/01
新築で家を建てたり、リフォームで床の素材を変更しようと思った際に、フローリングにはどのような種類があるのか気になりますよね。

今回は、フローリングの種類についてお伝えします。

▼フローリングは生活で触れる機会が多いもの

日常的にフローリングを歩く事になるので、フローリングがどのような素材なのかによって、日々の居心地の良さが変わってきます。

あまりフローリングを選ぶという発想を持った事が無い方がほとんどかもしれませんが、リフォームすればフローリングの素材は変更出来るので検討してみるのもいいでしょう。

▼フローリングの種類

フローリングの種類には、大きく分けて無垢と合板があります。

■無垢

無垢は天然の木の1枚板を使用しているので質感や肌触りに優れています。湿度によって反ったり隙間が出来てしまったり、傷がつきやすいのでそれをデメリットと取るか、”味”ととるかで印象が違ってきます。

■合板

合板は複数の板を重ね合わせて作られています。木目調のシートを表面に貼る事もあります。メンテナンスしやすいですが、傷がつくと無垢のように修復は出来ません。

▼まとめ

今回は、フローリングの種類についてお伝えしました。フローリングの種類には、無垢と合板があります。どちらもメリットとデメリットがありますので、理解した上で選ぶようにしましょう。

フローリングの種類に迷ってしまったり、リフォームに関してお悩みの方はお気軽に株式会社 まるみハウスにご相談下さい。